フリーランスで働くには

フリーランスになることを考えている人は多いようです。
特にIT関連の仕事をしていると、どうしても自由にならない部分が多く、不満を抱えることがあるからではないかと思います。
企業の中で仕事をしていると、もっと効率の良い仕事の流れが見えたり、またもっと顧客にとって良い方法が分かったりするものですが、組織の中で仕事をしていると、意見を出すことも難しいことが多いのです。

フリーランスになって、自分の思うように仕事が出来ればどれだけストレスが少ないだろうか、と誰しもが考えると思います。
フリーランスになるには、個人事業主として開業届を出せば誰でも開業することが出来ます。
ですが職業によってはフリーランスになって働くよりも、組織の中で働く方が良いものもあります。
特にプログラマなどはフリーランスであっても、チームとして働くことが多いですから、自分の仕事場で仕事をするより出向しての仕事が通常のようです。
自分の仕事場で出来る内容のものは意外と少ないようです。
Webデザイナーなどはプログラマと違い、フリーランスで活躍している人が多くいます。
個人で仕事を請けて、細かな打ち合わせをします。

出来上がったサイトなどは継続して管理することも多くあります。
このWebデザイナーよりもこれから人気が出そうな職業にグロースハッカーという職業があります。
これは短期間のうちに企業を成長させることが出来る人です。
短期間のうちにサイトの修正、更新を行い、顧客のニーズを調べて反映させることが出来るので、大きな利益を期待できます。
そのために必要な知識や技術はありますが、フリーランスで成功するにはこのようなグロースハッカーは最適ではないかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です