これから独立するあなたに

送りたいこと。知っておいてほしいこと。

苦手な分野と得意な分野

デザイナーの場合、フリーランスで働く人は多くいます。
比較的、フリーランスになりやすく、また働きやすいのがデザイナーかもしれません。
仕事の成果は顕著に表れますし、仕事への評価も他の仕事よりも早く出るからです。
この場合の評価は、Webサイトの閲覧数であったり、企業の利益であったりします。
数字で成果が分かるので、評価も早い、ということです。
評価が高ければ、自然と次の仕事にも繋がります。また、企業によっては他の顧客を紹介してくれることもあるようです。

これからはいろんな職種の企業がインターネットを活用して、利益に繋げようと考えるのではないかと思われます。
ですからデザイナーは社会の動きに敏感にならなくてはいけませんし、また経済や政治なども知っておかなくてはいけません。
苦手な分野と得意な分野も把握しておく必要があるでしょう。
そして苦手な分野で無理をしないことです。
得意な分野の技術や知識をより伸ばしていくことが、結果的似はフリーランスで長く働くことが出来る要因ではないかと思います。在宅でできるフリーランスの仕事も増加傾向にありますので、自分の得意とする分野の情報はしっかり収集しておきましょう。>>「http://javaprogrammer-homework.info/

企業側の要望はもちろん取り入れなくてはいけませんが、そこに利用者にとって使いやすいポイントなどを織り込むことで利益に反映されるのではないかと思います。
企業にとってはいかに利益を上げることが出来るか、がデザイナーの評価になります。
いくら企業が自分たちの考えを優先させても、顧客が使えない、使いにくいサイトでは利益に繋がらないことを企業側に納得させることも必要です。

他の企業のサイトを使ってみたり、実際に利用している人の声も参考にすると良いのではないかと思います。
良い評価を貰えるようになれば、フリーランスで続けやすくなりますので、丁寧な仕事を心がけましょう。